COMPANY

健康経営宣言

Coriva Partners従業員の健康を重要な経営資源の一つと捉え、従業員の健康の保持増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康経営を推進し「従業員が心身共に活き活きと就労できる」事業所を目指します。

 

健康経営を推進するため以下の項目に取り組みます。

「定期健康診断対象者の受診率を100%にし、各従業員の健康状態を組織として把握・指導します」

「従業員のメンタルヘルス対策を実施し、心身のケアを行います」

「衛生委員会の開催や専門職からの情報発信等を通じて、健康指導・教育の機会を設ける事で、 従業員の健康意識の向上に努めます」

「災害を想定し、緊急時の対応や従業員を守る策(備蓄,避難経路の確保等)を実施しております」

Coriva Partnersの取り組み

① 健康診断関連(実施図、2021年度)

02_graph1_kanpake.jpg

② 衛生委員会(労働衛生管理体制図)

04_graph2_kanpake.jpg

③ その他

・栄養士講談弊社では年1回、横浜市健康福祉局保健事業課の栄養士さんを迎え、食事・運動・栄養指導などの講話をして頂く日を設けています。従業員一人一人が健康に対し高い意識を持つことを目的としています。

・「よこはまウォーキングポイント」事業への参加よこはまウォーキングポイント事業とは、「18歳以上の横浜市在住・在勤・在学の方にウォーキングを通じて楽しみながら健康づくりをしていただく」を目的とした、横浜市主催の事業です。コロナ禍によるテレワーク拡大の環境下では従業員の運動不足が懸念されがちです。弊社ではこの事業への参加を健康経営の一環とし、「歩く」ことで従業員一人一人が少しでも健康になってもらえるよう取り組んで参ります。

04_2021クラスAA認証マークPNG.png
logo5.png

認証・認定

①「2021横浜健康経営」:クラスAA取得

横浜健康経営認証」は、横浜健康経営従業員等の健康保持・増進の取り組みが、将来的に企業の収益性等を高める投資であると捉え、従業員等の健康づくりを経営的な視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」の概念を幅広く普及させるため、健康経営に取り組む事業所を、横浜健康経営認証事業所として認証している制度です。事業所内における健康経営の取組のPDCAサイクル状況を「経営者の理解と関与」「健康経営の推進」「取組の評価」の視点から評価し、次の3つの区分で認証します。

 

当社は 2019年にクラスAを取得、その後、AA認証取得を目指すため「健康経営プロジェクトチーム」を発足し従業員の健康課題の改善や職場環境の整備に積極的に取り組んでまいりました。特に、コロナ禍におきましては、当社事業である産業医や相談窓口サポート、ストレスチェックの提供を実施しながら、それらのサービスを止めないためにも、当社の従業員が健康であることは非常に価値が高いものと意識しております。

 

② かながわ健康企業宣言

かながわ健康企業宣言」は、授業員の健康管理や健康づくりを「投資」と捉え、企業が従業員の健康増進に積極的に取り組む「健康経営®」が注目されている中で、従業員一人ひとりが、心身ともに健康でいきいきと働くことができる職場環境の構築に向け、他の企業の模範となる健康づくりの取り組みを実施している企業に対し、全国健康保険協会神奈川支部から健康優良企業として認定されるものです。

 

弊社は、企業を支える経営資源や活力は「人財」にあると考え、社員一人ひとりが心身ともに健康で、自らの能力を最大限に発揮できる職場環境が不可欠だと考えます。このような事業に積極的に参加することで、さらなる企業の成長にもつながると思い、宣言致しました。

ap_banner.png
sdg_logo2.png

その他

① 厚生労働省「あんぜんプロジェクト」への参加

あんぜんプロジェクト」は、労働災害のない日本を目指して働く方の安全に一生懸命に取り組み「働く人」、「企業」、「家族」が元気になる職場を創ることを目的とした、厚生労働省による事業でございます。弊社は当事業の参加メンバーとして、メンタルヘルス不調だけではなく、転倒や腰痛などの各種災害から従業員を守り、彼ら一人一人が安全に、また、安心してに働くことができる環境づくりに取り組んで参りました。

 

SDGsのへの参加(特設ページへ)