コロナワクチン接種医療事故補償共済

presented by Veritas Japan

00_logo_all.jpg
shutterstock_556803835.jpg

『助け合い、共に生きる』
コロナワクチン接種医療事故補償共済は4つの補償で
予防接種業務をしっかりサポートします。

補償内容

皆が安心して接種できるコロナワクチン接種医療事故補償共済の4つの補償をご紹介します。

 

補償1. 針刺し事故による感染治療費用

予防接種業務に携わった医師(歯科医師を含みます)または看護師が針刺し事故により血液感染を起こしたもので、治療費用の実費を支払います。

補償3. 筋肉内出血治療費用

予防接種対象者の筋肉内出血の治療費用の実費を支払います。

補償2. ワクチン廃棄費用

不適切な保管により、廃棄したワクチン費用の実費を支払います。

補償4. 弁護士相談費用および着手金支払

予防接種者から請求された法律上の損害賠償に対応するために弁護士の相談費用および着手金を支払います。

補償額

コロナワクチン接種医療事故補償共済の掛け金は請求書払にてお支払い頂きます。
万が一医療事故が発生した場合、上限100万円を共済金としてお支払い致します。
​適用事故内容・詳細については以下の重要事項にてご確認頂けます。

 

​掛金

一時払い 

医師 2,300円

看護師1,800円

お支払い共済金

合計支払上限 

100万円

※本共済をお申込みに当たっては重要事項説明書を確認いただき、約款をお受け取りください。

重要事項

ご検討にあたっては、「重要事項説明書」を必ずご覧ください。また、ご契約の際には、「重要事項説明書(注意喚起情報)」および「ご契約の約款」を必ずご覧ください。

 

コロナワクチン接種医療事故補償共済

運営会社 株式会社ヴェリタスジャパン
神奈川県横浜市中区尾上町6丁目87番地3 産経横浜ビル3階

COPYRIGHT 2021 Veritas Japan ALL RIGHTS RESERVED