2021.05.06

職場をもっと安全に、従業員をもっと健康に ~ヴェリタスジャパン、厚生労働省の『あんぜんプロジェクト』の新メンバーに認定!!

#株式会社ヴェリタスジャパン #あんぜんプロジェクト

20210506本文画像1.jpg
20210506本文画像2.png

企業のヘルスケアサポート事業を展開する株式会社Veritas Japan(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中川隆太郎、以下「当社」 )は、2021年4月22日(木)厚生労働省の『あんぜんプロジェクト』の新参加メンバーとして認定されましたのでお知らせいたします。

『あんぜんプロジェクト』とは

『あんぜんプロジェクト』は、労働災害のない日本を目指して働く方の安全に一生懸命に取り組み「働く人」、「企業」、「家族」が元気になる職場を創ることを目的とした、厚生労働省による事業です。

 

ヴェリタスジャパンの安全方針

当社では法令を遵守し、安全で健康な働きやすい職場の環境作りに取り組んでいます。また、企業のヘルスケアサポート事業を展開している立場からも、従業員一人ひとりが『安全な職場で、健康を維持することが経営の基礎である』という意識を保てるように心掛けております。

安全への取組事例

① 年間計画にそった健康経営・衛生委員会の実施:衛生推進者、衛生管理者、各部門の代表者との月1回の報告会を実施し、勤怠状況や労災、健康情報の共有を行っております。その内容は、議事録にて社内に展開し、従業員一人ひとりが確認できるようにしています。

 

② 緊急時や不測の事態にも対応し得る環境づくり:フレックスタイム制の導入及びチャットワークの利用により、急な体調不良による通院や交通機関の遅延にも即座に把握し、業務の引継ぎが可能です。また、緊急時訓練や日々の情報共有を通じ、不測の事態においても対応できる体制づくりを心がけております。

③ 心身の健康サポート体制強化:社内相談窓口を設置し、従業員のメンタルヘルスに関する悩みに対し、精神保健福祉士、保健師等が相談にあたっています。また、社内報で熱中症や感染症対策など健康教育の積極的な発信を実施する、マスクを配布するなど、コロナ禍を意識したサポート体制に取り組んでおります。さらに、従業員のアイデアや悩みなどを募集するご意見箱を設置しております。

ヴェリタスジャパンは、「あんぜんプロジェクト」の新参加メンバーとして、引き続き、メンタルヘルス不調だけではなく、転倒や腰痛などの各種災害から従業員を守り、彼ら一人一人が安全に、また、安心して働くことができる環境づくりに取り組んで参ります。

詳細はこちら(NEWSCAST)

株式会社ヴェリタスジャパンの事業内容

​厚生労働省『あんぜんプロジェクト』